普段使っている国内の取引所

今回は私が普段使っている国内のBTC取引所を紹介します。

 

普段私は以下3つの取引所を使っています。

Coincheck

・Liquid by Quoine

GMO コイン

 

その中でも今回はCoincheckを紹介します。

コインチェック

 

Coincheckを選ぶ理由1:Coincheck東証一部上場企業のマネックスグループのグループ会社

Coincheck東証一部上場企業のマネックスグループのグループ会社です。

そのためもしハッキング等の被害にあっても何らかの形で対処されると考えられます。

 

Coincheckを選ぶ理由2:アプリが非常に見やすい!

Coincheckのアプリは非常に見やすく、使い勝手がいいです。そのため初心者でも簡単に取引を始めることができます。

 

 

Coincheckを選ぶ理由3:ユーザ数が多い!

ユーザー数は2019年11月時点で 195万ユーザです。また金融庁登録済の仮想通貨交換業者です(2019年11月)。

 

Coincheckを選ぶ理由4:APIが安定している

仮想通貨の取引に慣れてくるとプログラミングをして自動取引に挑戦したくなります。その際APIが安定していると取引が非常にやりやすいのですが、CoinheckはAPIが非常に安定しています。

 

そのほかにも以下の特徴があります。


Coincheckが選ばれる理由■
・国内最大級の11種類の仮想通貨を取り扱い(2019年11月)
- 取扱通貨は全て500円から購入可能!
- ファクトム(FCT)、ステラルーメン(XLM)は国内仮想通貨取引所唯一の取り扱い!

・初心者でもスマホアプリから簡単取引可能
- 仮想通貨アプリ、国内最大級の272万DLを突破!(2020年01月)
-ビットコインアプリダウンロード数NO.1
※期間:2019年1月~2019年12月 データ協力:App Annie

東証一部上場のマネックスグループ傘下に入り、徹底したセキュリティ体制を構築
- 金融系システムセキュリティ対応、サイバー攻撃や情報漏えい等のサイバーセキュリティ対応に知見のある専門家の協力のもと、インターネットを通じた標的型攻撃による被害を避けるため、ネットワーク分離を強化する等システムの再構築を行い、全通貨のコールドウォレット対応を完了しています

・さまざまな日本円の入金方法
入金は銀行振込、コンビニ入金、クイック(Pay-easy)入金の方法を選べます!
クイック入金では金融機関の営業時間にかかわらず、24時間365日決済が可能です!

ビットコインの積立投資ができる
Coincheckつみたてで、ビットコインの積立投資が可能です!
https://coincheck.com/ja/reserves_lp

・公共料金の支払いでビットコインをもらえる
電気代/ガス代の支払いでビットコインをもらえるCoincheckでんき/Coincheckガスのサービスを提供しています!

<取り扱い通貨>
ビットコイン(BTC)
リップルXRP
イーサリアム(ETH)
ネムXEM
ビットコインキャッシュ(BCH)
・リスク(LISK)
・ファクトム(FCT)
ライトコイン(LTC)
イーサリアムクラシック(ETC)
モナコイン(MONA
・ステラルーメン(XLM)

全通貨でJPYペア・BTCペアの売買が可能で、最大21ペアの取引が可能です。

コインチェック

BTC取引 ツールの紹介

f:id:EnjoyCC:20190825172422p:plain

 

界隈で有名な「えーす級ぷろぐらまー」さんが新たなツールを公開されたようです。

 

BITMEXとBitfinexをリアルタイムで見られるツールですね。

 

BITMEXとBitfinexは海外で有名な取引所で、国内の取引所よりも先行して値動きがあることがあります。

 

このツールで大きく値が動いたことを確認してからBitflyer等で取引することで利益を上げることが出来るかもしれません。

 

https://note.mu/joetheace107/n/n247a67d99afc

オプション取り引きの見方

youtu.be

ビットコインオプションの取引が盛り上がりつつあります。すでにビットコインオプションの指標から利益を上げる方法が公開されています。

 

特に42分からの5分間はオプション慣れしていない方でもわかりやすい解説になっています。

 

ビットコインの値動きを取組高(OI)と内部動向から囲い込む方法【ココスタ】 https://youtu.be/IMZn02Cvutw 

CoincheckとモナコインとIOTA

f:id:EnjoyCC:20190812200812p:plaincoincheck.blog

 



2019年6月5日 Coincheckモナコインの取り扱いが始まりました。

当時の盛り上がりは激しく、4倍近くまで高騰しました。

 

f:id:EnjoyCC:20190812201324p:plain

そこで次にコインチェックが取り扱う銘柄を予想できれば、儲かりそうですがその1つの候補と言われているのがIOTAです。

 

その根拠は2017年 ハッキングを受ける前のコインチェック社のAPIにIOTAが表示されたことがあり、当時はすぐに上場するのではないか、と言われていました。

 

coinmarketcap.com

 

 

ほかに上場の可能性がうわさされているのが、XLM、ADA 、NEO,VET、DOGE、OMG、QTUM,DGB、NANO、SVG、SCです。これはコインチェックの通貨別チャットにリストされている、という根拠から可能性がある、と言われています。

coincheck.blog

 

 

可能性の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。

トレードの参考にしているtwitterer

f:id:EnjoyCC:20190812192800p:plain

 

トレードする際に参考にしているTwittererを紹介します。

単に「あがる」「さがる」というよりもトレード時の心がけ、どの指標をみているか、トレード環境、手法等が参考になる思います。

 

 

古参ビットコイナーです。

twitter.com

 

 

草コインの名付け親

twitter.com

 

 

アルトコイン/IEO系ならこの方

twitter.com

 

 

ビットコインオプション・金利

twitter.com

 

ニュース系ならこの方

twitter.com

出金手数料について

f:id:EnjoyCC:20190812191036p:plain

 

仮想通貨の取引に限らずあらゆるところで発生している手数料。今回は取引所ごとの日本円出金手数料についてみていきましょう。

 

特にトレードをし始めたころは取引数量も大きくなく、利益が出ていたはずなのに、手数料を計算してみたら結局マイナスになっていた、ということがありがちです。

 

手数料をしっかりとチェックすることで快適なトレードライフを送りましょう。

 

取引所 出金手数料
DMM Bitcoin 無料
GMOコイン 無料
Coincheck 400円
Liquid 500円
bitFlyer 216円〜756円
bitbank 540円〜756円

 

※日本円入金の手数料はどこの取引所も無料です。

 

日本円を出金したい場合はDMMbitcoinかGMOコインを選ぶことで手数料を抑えることが出来ます。

 

仮想通貨で儲ける方法

f:id:EnjoyCC:20190812150322p:plain

 

トレーディング以外にも仮想通貨で儲ける手法はいくつかあります。

今回はそのうちの一つをご紹介します。

 

それは仮想通貨のレンディングです。

 

レンディングとは仮想通貨を貸し出して金利収入得る、ということです。

日本円で銀行に預けて付く金利は0.001%(ゆうちょ銀行:2019/8/5現在)です。

 

f:id:EnjoyCC:20190812150034p:plain

 

しかし仮想通貨のレンディングなら3-5%の金利収入(bitbank)を得ることが出来ます。

 

デメリットとしては途中解約はできませんが、売るつもりがない方はリスクを極力低くして、仮想通貨を増やすことが出来るので選択肢として入れてみてもよいのではないでしょうか。

 

https://blog.bitbank.cc/20190801/